2020年M-1

こがけん(おいでやすこが)の出身高校や中学校は?大学は慶應卒!?

今回は、こがけん(おいでやくこが)さんの出身中学校出身高校、大学は慶應何学部出身かどうかということについて紹介します。

こがけんさんは慶応大学出身とういうことは確実ですが、、、

卒業後の進路が面白いですね!

是非、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク




こがけん(おいでやすこが)の出身中学校は?

 

こがけんの画像

こがけん(おいでやすこが)さんの出身中学校は、福岡県久留米市内の中学校であると推測できます。

なぜなら、こがけん(おいでやすこが)さんは福岡県久留米市出身だからです。

私立の中学校へ進学しない限り、進学先の中学校は自宅付近の中学校へ進学することになります。

そのため、こがけん(おいでやすこが)さんの出身中学校は福岡県久留米市内の中学校に絞ることができます。

が、どこの中学校までかは特定出来ませんでした。。。

 

スポンサーリンク




こがけん(おいでやすこが)の出身高校は?

こがけんの画像

こがけん(おいでやすこが)さんの出身高校は福岡県内の高校であることが推測されます。

残念ながら、こがけんさん(おいでやすこが)は自身の出身高校を公表していません。

そのため推測にはなりますが、地元福岡県内の進学校に通っているものと思われます。

それと言うのも、こがけん(おいでやすこが)さんは慶應義塾大学へ進学しているため、必然的に高校も偏差値の高い大学ではないかと予想できます。

こがけんの画像

先ほどは音楽の才能がありそうな顔をしていると述べましたが、こがけん(おいでやすこが)さんは頭が良さそうな表情をしており、黒髪に黒縁メガネをかけているため、いかにも頭が良さそうに見えます。

先程紹介した自分の特技と趣味を生かした音楽ネタは、頭の良いこがけん(おいでやくこが)さんだからこそ、思いついたネタなのかもしれません。

お笑い芸人の方は、こがけん(おいでやすこが)さんのように高学歴の方がたくさんいます。

このことを不思議に思った方はいらっしゃるのではないでしょうか。

これはおそらくネタを考える際、頭が良い人の方がウケるネタを思いつくからではないでしょうか。

ネタはただ考えるだけではなく、どうすればお客さんを笑わせることができるかということを考える必要があります。

つまり、より深い思考力が必要だということです。

そのため、より深く考えることができる頭の良い芸人が人気を博すのではないでしょうか。

スポンサーリンク




がけん(おいでやすこが)の大学は慶應卒!?

こがけんの画像

先ほども述べましたが、こがけん(おいでやすこが)さんの出身大学は慶應義塾大学商学部です。

慶應義塾大学商学部は偏差値70を誇る、日本を代表する難関私立大学として知られています。

ちなみに、こがけん(おいでやすこが)さんは大学卒業後、東京NSCに入学します。

ところが、わずか4ヶ月で退学してしまいました。

原因は、親に芸人を目指していることがバレたためです。

実は、こがけん(おいでやすこが)さんは親に内緒で東京NSCに通っていたそうです。

東京NSC退学後はなんと板前として修業を重ねたそうです。

実に7年間も板前として修行を重ねたことから、こがけん(おいでやすこが)さんは芸人を諦め、本気で板前になろうとしていたのではないでしょうか。

こがけんの画像

板前の修行はかなり厳しい環境でしょうし、7年間も修業を続けることができたのは、こがけん(おいでやすこが)さんのメンタルが強い証拠ではないでしょうか。

そんなこがけん(おいでやすこが)さんの趣味は、音楽鑑賞とカラオケです。

特技は、どんな曲でも洋楽ロック風に歌うことだそうです。

じつは、この趣味と特技を生かしたネタが、こがけん(おいでやすこが)さんの持ちネタです。

そのネタはどんな歌でも洋楽ロック風にアレンジするというものです。

ネタの完成度は非常に高く、そのネタを見る限りこがけん(おいでやすこが)さんは何かしら音楽について学んでいた経験があるのではないでしょうか。

こがけん(おいでやすこが)さんは、歌詞の流れないカラオケのような歌に自分で考えたメロディを乗せ、オリジナルのアレンジソングを作成しています。

そもそも、素人が自分でメロディを考え、実際に曲に被せることは至難の業です。

できたとしても、かなり違和感を感じることでしょう。

しかし、こがけん(おいでやすこが)さんは違和感のない曲を作成しているわけですから、音楽の才能も有していることがわかります。

こがけんの画像

人を見た目で判断することは、あまり良いとは言えませんが、こがけん(おいでやすこが)さんを見ると、音楽に携わっていた経験があるように思えます。

何となくではありますが、ピアノを習っていた経験や、クラシック音楽が好きそうな雰囲気をまとっています。

ピアノを習っていたのならば、ある程度の音程は取れるでしょうし、カラオケミュージックに乗せて、作曲することも可能でしょう。

実際のところ、こがけん(おいでやすこが)さんは音楽の才能に長けているかと思いますが、なぜ、音楽への道へは進まなかったのでしょうか。

もしかしたら、単純に音楽に対して興味がなかったのかもしれません。

しかしながら、自分の進みたいお笑い芸人の道へ進み、成功した要因は音楽の才能を生かしたネタが受けたからです。

このことから、特技や趣味を持っていれば、いずれ仕事になり、お金に変えることができるかもしれません。

みなさんも、特技を生かして何か行動すれば、お金が儲かるかもしれませんね。

おいでやすこがは、2020年に開催されたM-1グランプリで決勝に進出しました。

正に、現在絶好調のお笑いコンビです。

そんなおいでやすこがの成長が今後も楽しみですね!

スポンサーリンク



まとめ:こがけん(おいでやすこが)の出身高校や中学校は?

こがけん(おいでやすこが)の出身中学校は福岡県久留米市内の学校、出身高校は福岡県内の学校、大学は慶應大学商学部であることがわかりました。

特定までは至りませんでしたが、偏差値が高い高校などに通われていたと思われます。

2020年M-1 出演者記事まとめ

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました!