アスリート

齋藤元希の出身地は?中学校や高校はどこ?大学は2つ行っている?

今回は、東京パラリンピックで競泳男子100メートル背泳ぎ(視覚障害S13)の日本代表に選ばれている齋藤元希さんの出身地や学歴について調べてみました。

齋藤元希さんの出身地はどこでしょうか?

また、齋藤元希さんの出身小学校や出身中学校や出身高校はどこかも調べてみました。

齋藤元希さんは大学に2つ通っていたそうですがどういうことでしょうか?

是非、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク




齋藤元希の出身地や小学校はどこ?

齋藤元希の画像

齋藤元希さんの出身地は、山形県大石田町出身です。

 

山形県大石田町をご存知の方はいらっしゃるでしょうか。

山形県大石田町は、山形県内でも内陸部に位置する地域です。

日本海に面している山形県ですが、大石田町は山に囲まれています。

大石田町は、決して都会というわけではありませんが、山形新幹線が町内を走っており、全く何もない田舎ではありません。

齋藤元希さんは、幼稚園に通っていた頃から水泳に打ち込んでいたようです。

そのため、2021年8月24日現在、齋藤元希さんはかなり長い期間水泳に打ち込んでいることになります。

東京パラリンピックでは、大石田町の皆さんは、齋藤元希さんの活躍に期待を寄せているかと思います。

是非、その期待に応えられるような活躍を見せて欲しいですね!

齋藤元希の出身小学校はどこ?

齋藤元希の画像

齋藤元希さんの出身小学校は、大石田町立大石田小学校です。

大石田町立大石田小学校

〒999-4111 山形県北村山郡大石田町大石田乙105−1

 

幼稚園の頃から水泳を始めた齋藤元希さんは、小学生に進学すると、更に水泳に打ち込んでいたかと思われます。

小学生であれば、遊びたい年頃であるかと思います。

どれだけ自由な時間を水泳に費やしておたかはわかりませんが、多くの時間を水泳に費やしていたことでしょう。

東京パラリンピックでその努力が実って欲しいですね!

また、メダルを獲得して大石田小学校の関係者や当時の同級生を元気にして欲しいですね!

スポンサーリンク




齋藤元希の出身中学校や高校はどこ?

齋藤元希の画像

齋藤元希さんの出身中学校は、大石田町立大石田中学校です。

大石田町立大石田中学校

〒999-4111 山形県北村山郡大石田町大字, 大石田丁218−1

 

このことから、齋藤元希さんは小学校と中学校を地元で過ごしたことになります。

齋藤元希さんは、出身の小学校と中学校が公立学校であるため、実家付近にある学校に通う必要があったかと思います。

そのため、近所の学校に進学する必要があったため、大石田小学校、大石田中学校に進学したかと思います。

とは言え、小学校、中学校の計9年間の大半を地元で過ごしたことから、齋藤元希さん自身、地元愛が非常に強いのではないでしょうか。

また、山形県大石田町はどちらかというと田舎の地域であり、人口も都会に比べて少ないため、地元の人間関係が非常に濃いかと思います。

このことから、齋藤元希さんは地元から熱い期待を受けていることかと思います。

齋藤元希さんは、それをプレッシャーに感じているかもしれませんが、東京パラリンピックに出場できるほどの努力を重ねてきた齋藤元希さんであるため、プレッシャーを跳ね除けて活躍してくれる方思います。

齋藤元希さんが東京パラリンピックで活躍する姿を見て見たいですね!

齋藤元希の出身高校はどこ?

齋藤元希の画像

齋藤元希さんの出身高校は、日本大学山形高等学校です。

日本大学山形高等学校

〒990-2433 山形県山形市鳥居ケ丘4−55

 

大学名からわかる通り、日本大学山形高校は、日本大学の附属学校です。

そんな日本大学山形高校の偏差値は、50〜66です。

一般的に偏差値の平均は50とされています。

そのため、日本大学山形高校は優秀な高校であると考えられます。

また、日本大学山形高校の出身の齋藤元希さんは優秀な方であることが分かります。

ちなみに、日本大学山形高校の偏差値が50〜66とアバウトである理由は、日本大学山形高校に様々な学科があるためです。

とは言え、1番偏差値が低い学科であっても50であることから、どの学科も優秀であると判断することができます。

日本大学山形高校は、齋藤元希さんの活躍を大いに期待していることでしょう。

是非、齋藤元希さんは日本大学山形高校の関係者や当時の同級生に活躍する姿を見せて欲しいですね!

スポンサーリンク




齋藤元希は大学は2つ行っている?

齋藤元希の画像

齋藤元希さんは、高校卒業後、筑波技術大学へ進学します。

筑波技術大学

4丁目-3-15 天久保 つくば市 茨城県 305-0005

 

筑波技術大学とは、視覚障害者と聴覚障害者であることが条件に入学が可能な国立大学です。

そのため、筑波技術大学は、視覚、聴覚障害者に特化した大学であることがわかります。

齋藤元希さんは、しばらく筑波技術大学に通学しますが、水泳の技術が向上し、オリンピックで活躍することを視野に入れ始めたこともあり、水泳の環境が整っている国士舘大学に編入しました。

齋藤元希の画像

このように、齋藤元希さんは途中で大学を編入したことから、大学に2つ通学したことになります。

齋藤元希さんは、筑波技術大学という視覚、聴覚障害者に特化した大学に通学していたことから、筑波技術大学の関係者や当時の同級生は齋藤元希さんの活躍に注目している方思います。

是非、その期待に応えるような活躍を見せて欲しいですね!

スポンサーリンク




まとめ:齋藤元希の出身地は?中学校や高校はどこ?大学は2つ行っている?

今回は、東京パラリンピックで競泳男子100メートル背泳ぎ(視覚障害S13)の日本代表に選ばれている齋藤元希さんの出身地や学歴について調べてみました。

齋藤元希さんの出身地は、山形県大石田町で、出身小学校は大石田町立大石田小学校であることが分かりました。

また、齋藤元希さんの出身中学校は大石田町立大石田小学校で、出身高校は日本大学山形高等学校であることが分かりました。

そして、齋藤元希さんは大学に2つ通っていることもわかりました。

それでは、最後までお付き合い頂きありがとうございました!

スポンサーリンク